尿漏れの不安から開放されたい人へ|悩みの無い生活

ドクター

泌尿器科で尿失禁を治す

診察室

尿漏れの治療にはまざまな治療法があります。患者の症状や尿漏れのタイプによって、適切な治療法が異なるからです。例えば、尿漏れの度合いにもよります。一度にどの程度の尿漏れが起こるのか、または頻度によってどのような治療法を選択するのかは変化してきます。多くの場合、尿漏れは泌尿器科での治療が主になります。排尿日誌やカウンセリングの結果、手術を行うこともありますが、TVTやTOT手術は非常に効果的であり少なからず条件はあれど短期間での完治が可能となっているのが尿漏れ治療です。まずは専門医に相談し、適切な治療法で改善を目指すようにしましょう。尿漏れは治療を受けることで治すことのできる病気です。抵抗のある方は、まずは電話越しで病院まで簡単な質問をするようおすすめします。

尿漏れの治療にかかせないのが、水分摂取の調整です。尿は摂取した水分量によって膀胱が刺激され、尿意を感じるようになります。尿意を強く感じれば、我慢しきれず漏れてしまうのです。なので、水分を摂取しすぎないということは非常に大切なことです。ただし、尿が漏れてしまうことを恐れて普段から水分を取らない生活をしていると、それによる弊害、または濃度が濃くなることで逆に尿意を強く感じることもあります。つまり、どのような場合でもバランスというものを意識しながら、神経質にならない程度での実践というものが尿漏れの対策には必須となるのです。水分摂取量等の詳しい話については、泌尿器科の専門医に相談しておくと安心です。